2012年11月17日

からだひとつぶん

手を伸ばせば
きみはいるのに

体ひとつぶん離れているだけで
まるで大海原で眠っているような
不安と孤独を感じる

ぴたりとそばにいるのが
当たり前になっているんだね

手を伸ばし
きみの温もり確認してまた眠ろう
posted by ころり at 02:11| Comment(0) | ころころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。